リハビリ看護栄養研究会

 『肩関節』基礎-臨床応用(講義・実技研修)

   肩関節疾患では可動域制限だけではなく、挙上障害、疼痛など様々な訴えがあります。 機能解剖、バイオメカニクスに基づきアプローチすることで、症状の改善、ADL改善が得られます。   基礎-臨床応用と実技研修を取り入れた講義です。  

  

------------------------------------------------------------------------

  □ 解剖  □ バイオメカニクス  □ 肩関節痛  □ 五十肩  

  □ 腱板断裂 □ 脳血管障害後の肩関節痛 □ しびれ 

  □ 頚腕症候群 □ CRPS 等      

------------------------------------------------------------------------

  日時:平成30年4月14日(土)14:00-16:50 (途中休憩含む)  

  講師:山根 一恭 (OTR,NST専門療法士,ONP) 

 参加費:5千円

  場所:札幌産業振興センター http://www.sapporosansin.jp/access/ 

  定員:30名(先着順)  残り9名!!

  申込み 

※自動返信となります。返信がない場合、以下のいずれかをご確認ください 【1】記入メールアドレスに誤りがある場合 【2】迷惑メール設定により、迷惑メール扱いとなっている場合 【3】携帯端末に受信拒否設定が行われている場合 上記いずれにも該当しない場合は、お手数をおかけしますが、 craspedia2014@gmail.comまでご連絡ください。

  

詳細 『肩関節』基礎-臨床応用(講義・実技研修)

 

【肩関節の基礎から臨床応用】

 ・肩関節の機能解剖 (骨-靭帯-筋肉)

 ・肩関節のバイオメカニクス

 ・肩関節痛について

 ・肩関節の障害象について

<各論>

 ・五十肩、腱板損傷、骨折、脳血管障害後の肩関節痛

 ・肩関節へのアプローチ(実技込み)  

 ・自主トレ指導(ホームエクササイズ)について  

  

 

 

inserted by FC2 system