リハビリ看護栄養研究会

 基礎から学ぶ上肢整形疾患へのアプローチ 

 本セミナーは上肢疾患に対し、最も大事な触診技術(骨・靭帯・筋肉)を少人数制で行います。また各関節の代表疾患の概要を説明し、実際の治療技術までお伝えします。

 

------------------------------- 

  □ 橈骨遠位端骨折      □ 肘頭骨折

  □ 五十肩、拘縮肩、骨折   □ CSM,CSR

  □ 回旋障害   □ 脳血管障害の肩関節

 

------------------------------- 

  日時:平成29年8月 4日(金)19:00-21:00 (途中休憩含む)  

      「手関節の触診・治療技術」 橈骨遠位端骨折

 

  日時:平成29年8月25日(金)19:00-21:00 (途中休憩含む)  

      「肩関節(講義)」解剖、バイオメカニクス、疼痛解釈

     治療理論-五十肩、拘縮肩、骨折、腱板断裂-

 

  日時:平成29年9月15日(金)19:00-21:00 (途中休憩含む)  

      「肩関節(治療技術)」 肩関節疾患のアプローチ

 

  日時:平成29年10月6日(金)19:00-21:00 (途中休憩含む)  

      「肘関節・前腕の治療技術」 肘頭骨折・前腕回旋障害

 

  日時:平成29年10月27日(金)19:00-21:00 (途中休憩含む)  

      「頚椎疾患の治療技術」  頚椎症性脊髄症・神経根症

 

  講師:山本健太(OTR) 

 参加費:8000円(5回全て) ※単発での参加は1回2500円 

  場所:クレオ大阪中央 http://www.creo-osaka.or.jp/chuou/access.html 

  定員:25名(先着順)

  申込み 

※自動返信となります。返信がない場合、以下のいずれかをご確認ください 【1】記入メールアドレスに誤りがある場合 【2】迷惑メール設定により、迷惑メール扱いとなっている場合 【3】携帯端末に受信拒否設定が行われている場合 上記いずれにも該当しない場合は、お手数をおかけしますが、 craspedia2014@gmail.comまでご連絡ください。

 基礎から学ぶ上肢整形疾患へのアプローチ 

 

inserted by FC2 system